SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

明朗社 朗らかブログ

社員が、いれかわり立ち代り、徒然ブログを更新します。
印刷の話から気になる話題まで、思いつきで始めた朗らかブログ。
製品加工の流れその◆ 狙泙衒圈
0

    こんにちは太陽加工課のNです。

     

    お盆休みも終わりましたね。

    皆様、ご先祖さまへのお墓参りは済みましたでしょうか?

     

    自分は小さい頃、お盆にご先祖さまと思われる方に会ったことがあります。

    その夜は熱帯夜でとても寝苦しく、暑さのあまりふと目を覚ますと、和服を着たおばあさんが部屋の隅に立っていました。

    そのおばあさんとは面識がなく、普通なら幽霊かと思うところですが、不思議と怖くなく、子供心に安心してその姿を眺めていました。

    おばあさんも優しく微笑みながらそこに佇んでいて、やがて自分も深い眠りにつきました。

     

    もちろん真偽のほどは定かではありませんが、あのおばあさんはもしかしたら自分の遠いご先祖さまで、お盆にこちらの世界に帰ってきて子孫のことを見守ってくれていたのかもしれませんね(*^ー^*)V

     

     

     

    さて、製品加工の紹介第二弾。今回は折りです。

     

    Q.折りって何ですか?

     

    A.紙を折ることです。

    はい、そのまんまですね(` ´)

     

    しかし一言で「折り」といっても、その種類は実にさまざま。

    それ単体で製品にするものもあれば、次の製本段階へ向かうための前工程としての折りもあります。

    最も単純にして最も奥が深い、重要な工程なのです。

     

    折り機「Horizon AFC-544AKT」です。

    当社にある折り機三台のうち三男坊であり、小さいながらほぼ自動で折りの設定をしてくれるハイテクなヤツです星

     

    ↑設定画面。こいつ一台でパンフレットからDM、なんでもおれますよ〜

     

     

    それでは今回は、最もシンプルな折りである「二つ折り」をご紹介します。

    ちなみに、今回も難しい説明は省きますのであしからずm(__)m

     

    当社で印刷と製本を手掛けている定期物の求人誌の表紙です。

    今からこれを半分に折って、本文に被せる形態にします。

     

    紙束をセット。空気を入れて1枚ずつ機械に送り込みます。

     

    レーンの上を高速で滑っていきます。

    ものすごい速さです(@_@)

     

    機械から出てくるとあら不思議。紙が半分に折れていますね。

    その間、実に0.6秒ゆう★(ぐらい)

     

    機械の中を通る間にあんなことやこんなことをして、人の手では考えられないくらい速く正確な折り作業を行うことが出来ます。

     

    最後に人の目で折りズレや破れなどがないかチェック。

    異常がないものだけをこうやって段組みしていきます。

     

    はい、表紙が出来上がりました(^o^)

    今度はこれを本文と共に製本機にかけて、求人誌を作ります。

     

     

     

    その様子は……また次回ゆう★

     

     

     

     

    | 加工課 | 16:46 | comments(0) | - | - |
    〜製品加工の流れ〜
    0
      こんにちは太陽
      明朗社印刷加工課末席のNと申します。

      当社では印刷をするだけでなく、印刷物を様々な製品形態に加工して出荷しています。
      加工チームでは、そんな製品加工の工程をちょっとだけ紹介していきます(^_^)/

      まずは製品加工の基本、断裁から。



      当社の主力断裁機「KatsudaJMC4fx」です。
      ピカピカですねぇ〜星かっこいいですねぇ〜(*´∀‵*)
      で、これは何をする機械かと申しますと…

      紙を切る機械です(そのまんまですね^^;)
      ちなみによく間違われますが、“裁断”機ではありません。
      裁断」とは、紙・布・革などを型に合わせてカットすることで、
      紙をまっすぐ断ち切ることに特化した工程を「断裁」といいます。
      まあ、厳密には意味合いはほとんど同じですけどね( °3°)〜



      聞いた百より見た一つ。それでは実際に、チラシを切ってみましょう。


      チラシの紙束です(大人の事情により、上に紙をのせています)。
      これからこれを4等分してB4サイズのチラシを作ります。
      ※工程説明はかなり簡略化しておりますのでご了承ください。


      揃えて…、


      入れて…、



      バサーッと切っちゃいます。
      写真では伝わりませんが、この刃を入れたときの音が実に爽快です(・∀・)
      日頃のストレスも吹き飛びますね(悦)


      あとは、こんなことや…、


      あんなことして…、


      ハイ、完成!!

      B4チラシが出来上がりました(^ ^)
      チラシなどのいわゆる“バラ物”はこれで完成。
      パンフレットなど、折ったり綴じたりする製品はこのあと次工程に移ります。

      その紹介は・・・また後日音符



      当社すぐ近くにある砥部町民憩いの場、赤坂泉にて。
      夏の風物詩、アガパンサス(紫君子蘭)がもうすぐ開花ですよ〜(^o^)/
      | 加工課 | 14:32 | comments(0) | - | - |