SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

明朗社 朗らかブログ

社員が、いれかわり立ち代り、徒然ブログを更新します。
印刷の話から気になる話題まで、思いつきで始めた朗らかブログ。
愛媛マラソン初挑戦!
0
    皆様こんにちは♪営業部でディレクターのお仕事をさせて頂いております、柴田です。 いつもお世話になっておりますm(_ _)m

    明朗社の地元応援フリーペーパー「トベニアル」をご覧いただいている方はご存知かと思いますが、私この度の第54回愛媛マラソンに初挑戦してきました(今回明朗社からは4名エントリーで2名当選でした)

    私は学生時代から走る事が嫌いで、ダイエットの為に5kmぐらいまではたまに走って、ゼハゼハいってるレベルのど素人でした(・・;)しかし、昨年の2月の愛媛マラソンをテレビで見ていて、ゴールした人たちの表情が印象的で、脳裏に焼き付いてしばらく離れませんでした。仕事の合間を縫って必死に練習してきて、体中の痛みをこらえて、果てしない道のりを乗り越えて、必死の思いでゴールした瞬間、どんな感情なのだろう? それを確かめてみたいとの思いが、人生初のフルマラソン挑戦へとなりました!

    明朗社にはマラソン・トライアスロン好きのツワモノ先輩方がいますので、練習方法やおすすめグッズなどをアドバイス頂きβ(□-□ ) フムフム 練習してきました。しかし、昨年12月に本コース(平田から北条折り返し平田まで)の約30kmを走って膝を壊してしまい(;д;)
    練習量では不安の残るまま、本番を迎えました。。。。。

    受け付けは当日混雑するとのことでしたので、前日(2/6)に友人と行って参加賞(今年はキャップ)やゼッケンをGET♪

    このキャップは当日多くのランナーが着用してました☆
    そして抽選会があるというので、開会式にも参加しました、中村知事や野志市長、スポンサーの愛媛のTOP企業の代表のVIPな方々(@_@;) 高橋のQちゃんや土佐礼子さん、ものまねタレントのみかんさんなどが会場を盛り上げました。
    そして、お楽しみの抽選会♪ くじ運がまったく無い私は、もちろん何事もなく(笑) しかし、隣の席の友人が・・・サイン入りスポーツバッグ!
    土佐礼子さんプレゼントNIKEのスポーツバッグ(サイン入)を見事にGET!うらやましぃΣ(д≡*ノ)ッ!!☆
    ..................................................................................................................................................

    そして、2/7マラソン本番当日です。城山公園に9時ぐらいに集合して、改めて人の多さにビックリ!
    確かに1万人が一同に集まるとこうなるんですね(笑) 特にトイレの行列は桁が違いました-(-ω-;)

    そして私は「Fブロック」からのスタートの為、先頭から8分程遅れてスタート! ついにはじまりました!

    【スタート〜10Km】
    先輩方に聞いた教え(初めはジョギングのつもりで焦らず、マイペース)を守り、ランナー団子の中を走ります。
    それにしても、沿道の応援して下さる方々の多さにビックリです!途切れることがないのですね!
    今回の目標は5時間30分でした。キロ6分20秒前後で順調にいければと考えていました。
    10kmまでのタイムは1時間12分(スタートまでの8分込み) 

    【10km〜20km】
    少しづつ、集団もばらけて周りを見渡す余裕が出てきました(仮装ランナーの方が速かったです(笑)) それに天気も回復して気温も上がり、声援に応えながら走ります。 地元の野球部の子達は、凄い声量の応援でした!気合入りましたね!
    20kmまでのタイムは2時間17分

    【20km〜30km】
    このあたりから足の痛みが少しづつでてきます((;≡д≡;i)) 気のせいだと自分に言い聞かせ(汗)おもてなしのミカンやまんじゅうでテンション上げます♪ ボランティアの皆様ありがとうございました。
    30kmまでのタイムは3時間29分

    【30km〜40km】
    気のせいだと思い込むにはちょっとしんどい痛みとだるさが襲います(泣)こんなときは好きな歌で応援歌です!頭の中でX JAPAN
    のライブverを流し続け、toshiに「お前はそんなものか〜!今日が何の日か分かっているのか〜!」と喝を入れられ、ペースアップ
    ――(ФェФ;) そしてここでも、沿道の子ども達の声援やハイタッチで元気をもらい最後の難関、平田の坂も歩くことなくのりきります!40kmまでのタイムは4時間43分

    【40km〜ゴール】
    姫原のフジ付近で製版課のN矢さんが、明朗社のぼりを持って応援していました!その応援で元気をもらって最後の力を振り絞り
    ゴールしました!帰って来れました!完走出来ました!全力を出し切れました!少し涙がでました!



    今までテレビで見ていた感動を体感できました。日本一の評価も納得できました。どこまでも続く声援とおもてなし。あれが
    無ければ私は完走できていなかったかもしれません。素晴らしい最高の一日となりました!

    第50回愛媛マラソンのキャッチコピー「走った人と走らない人では、人生の濃度がちょっと違う」
    本当にそう思いました。今後の私の人生に置いて、大きな財産になりますヾ(´∀`○)ノ!

    最後に、大会運営に関わって頂きましたスタッフやボランティア、また応援頂いた方々すべての人に感謝致します。
    本当にありがとうございました!

     







     
    | レースレポート | 20:29 | comments(0) | - | - |
    激闘、中島トライアスロン大会
    0
      こんにちは、製版課のNです。

      8月22日〜23日にかけて中島トライアスロン大会に参加してきました。
      愛媛県のスポーツイベントでは、愛媛マラソンと並ぶ歴史のある大きな大会です。

      前日の22日は三津浜より9時15分のフェリーにて中島へ渡りました。

      三津浜港にてフェリー待ち

      トライアスロンの時だけ発売されるという往復切符

      中島の神浦港へ10時過ぎに到着しました。
      到着して先ずは、宿泊先へ荷物をおきにいきました。
      宿は、あまやの浜という海の家です。
      海の家というだけあり、目と鼻の先が素晴らしく綺麗な海。

      海の家から撮影。凄い綺麗な海です。

      荷物を預けたら選手登録のため姫が浜ビーチへ。

      ここが、大会当日のトランジション。
      トランジションとは、自転車をおいたりする場所です。

      車検、受付が終わったら暇なので島を1周サイクリングすることに。

      天気が良くて素晴らしい絶景。島�周、23kmありました。

      サイクリング後、競技説明まで時間があるので自転車で走ってたら合計60km以上も走ってました。

      18時よりトライアスロン仲間と競技説明へ参加しました。
      30分ほどで説明会が終わり、いよいよ前夜祭へ。


      前夜祭スタート!

      中村知事からの激励の挨拶。

      野志市長はリレー式トライアスロンで参加してくれました。
      マラソンを担当とのこと。

      第30回記念大会のスペシャルゲストに元ヤクルトスワローズの古田さんが来てくれました。

      フランダンス。なかなか見応えがありました。

      余興のコーラ早飲み対決。

      前夜祭は大盛り上がりで時間があっと言う間に過ぎていきました。

      その後は宿に帰り、大会への準備を済ませて就寝。


      大会当日は選手用バスにて8時に会場入り。
      スタートは10時半なので、時間にたっぷり余裕があります。
      まずはトランジションの準備。

      ここで、スイム、バイク、ランとチェンジします。

      友人知人と話をしたり、挨拶をしたりしながら時間を過ごしいよいよスタート時間が迫ってきました。
      9時45分からスイムウォームアップ。
      泳いでみて、体が重いのを感じてちょっと不安になりました。金曜に整体へ行かなかったからかな?

      10時半のスタートを待つ間は暑くてたまらなかったです。
      スタートは野志市長が合図してくれます。
      私は第2ウェーブなので2番目のスタート。2分間隔のウェーブスタートです。

      いよいよ私の中島トライアスロンは、10時2分にスタートしました。
      大勢が一斉に泳ぐので、最初の1週目はゴチャゴチャになりました。
      とちゅうで脇腹を蹴られたときはビックリしましたが、なんとか1週目を終えて残り後1周回。
      2週目に入ると人がまばらになって来て泳ぎやすかったですが、ときどき前を横切る人がいて大変でした。

      2周回目を終えてスイム終了、陸に上がったときに友人の奥さんから「Nさ〜ん」とエールを送っていただけました。
      スイムは49分ぐらいかかったと思います。自己ワーストから2番目に悪い記録でした。
      事前のコンディショニング不足が招いたことなので、これも実力のうちです。

      いそいで、自分のトランジションへ戻りバイクの準備へ。
      バイクの準備をしてたら、仲間のMさんが帰って来たのが見えました。
      Mさんの方が準備が早くてトランジションで抜かれちゃいました。
      トランジションは第4の種目と呼ばれるぐらいタイムに影響してきます。

      バイクに入ると、最初は走りやすくて飛ばしてましたが、途中から向かい風が辛くてなかなかスピードが上がらない。
      平地が多くて楽が出来ると予想してたんですが、思いのほか辛い戦いでした。
      折り返してから追い風になると思ってたら、こんどは道がデコボコしてたりと中島のバイクコースは見た目とは違いかなり大変でした。
      バイクは2周回です、2週目の後半に友人を追い越しましたが追い越す時にお互いにエールを送りました。

      バイクが終わり、最後の種目のランへ。
      ランに入ったら、とにかくしんどい。当たり前ですが、トライアスロンのランは一番に辛い。
      スタートして1kmもしなうちに、バイクで追い越した友人に抜かれた。
      「ちくしょう、あいつ調子良さそうやな」って心の中でつぶやいでました(笑)
      当日は日差しが強くて暑かったです、給水所で氷をもらって冷やしながら走ったりしました。
      折り返しまでの5kmがいつもより長く感じました。
      途中で知らない人と話をしたり、仲間からエールをもらったり、水をかけてもらったりと、最後の種目を満喫しながらゴールを目指しました。
      そして残り1kmを切った所からちょっと元気が出てきました。
      何故なんでしょうね、あと少しで終わると思ったら元気になる。不思議です。

      大勢のギャラリーの待つゴールが見えたらラストスパートっていうほどじゃないですが、ペースアップ。
      そして栄光のゴールへ!

      やりました、中島トライアスロン大会を無事に完走。
      公式記録はまだ出てませんが3時間39分ぐらいかと。
      目標タイムには届かなくて少し悔しいですが、来年また挑戦したいと思います。

      仲間達は全員無事に完走!
      会社からはG課長も参戦してました。


      初めて中島へ参加しましたが、とにかく楽しかった。
      大会のみならず、ゆったりとした島時間、あたたかい人々、すっかり中島が気に入りました。
      リピーター率が高いというのも納得。


      完走後は神浦港より中島を後にしました。
      ありがとう中島、また来年!
      | レースレポート | 12:50 | comments(0) | - | - |
      第30回トライアスロン中島大会へ参戦
      0
        お疲れ様です。製版課のNです。
        今年に入って、まったくスポーツネタをアップしていない事に気がつきましたので、久々にアップします。
        あいつは、もう引退してしまったのかとか思われてるかもしれませんが、まだまだ現役です。

        今年の第30回トライアスロン中島大会への出場が決まりました。
        トライアスロンは13回もやってますが、意外にも初の中島です。

        写真は私のレースナンバーとスタートウェーブです。

        トライアスロンはウェーブスタートをとる大会が多いと思います。
        数百人が一斉にスタートすると大混雑で危険もあるので、数分おきにスタートさせるようにします。
        もちろん、その時間差はカウントされなません。

        愛媛でトライアスロンといえば中島って言うぐらい知名度と人気が高い大会ですので非常に楽しみです。
        大会は来月の23日です。大会の報告は来月末ごろにします。


        話は変わりまして、6月に趣味であるトライアスロンの最高峰であるアイアンマンに挑戦してきました。
        五島長崎国際トライアスロン大会のAタイプ(226km)です。(昨年、挑戦し完走したのはBタイプ(154km)です。)
        スイム3.8km、自転車180km、マラソン42.2kmのまさにアイアンマンです。
        結果から言いますと、マラソンの半分で時間切れになりました。
        初のアイアンマンへの挑戦は205km地点で時間切れリアイアとなりました。残り21kmでしたが力及ばず。
        挑戦してみて思ったのが、意外とスイムは大丈夫、自転車は130km越えてからが辛かった、マラソンはヘロヘロでした。
        次回の挑戦へ向けては自転車とマラソンを強化することが課題です。
        無理のない範囲でトレーニングをして、また挑戦したいと思います。
        趣味の挑戦なので、焦らず無理なくマイペースで頑張ります。
        | レースレポート | 19:23 | comments(0) | - | - |
        四万十川ウルトラマラソンへ行ってきました
        0
          10月19日に四万十川ウルトラマラソンへ行ってきました。

          この大会は100kmと60kmがありますが、私は60kmの方へ参加しました。
          100kmはいつかはチャレンジしたいですが、完走する自信が無いですし、翌日の仕事を考えたらちょっと無理です。

          今年は、なんと記念すべき20回大会です。
          色々と特別な企画を考えていると大会HPに書いてましたので楽しみにしていました。

          60kmのスタートは10時半なので松山市から日帰りが可能です。
          当日は3時間前に会場入りして、のんびりスタートを待ちました。

          受付をしたら、ゼッケンが第20回の特別バージョン。
          昨年の大会風景の写真入りです。
          写真を撮ってなかったので申し訳ないです。

          また、20回記念のピンバッチもいただきました。

          10時半になりスタートの号砲がなると、ぞろぞろとスタート。
          あまり緊迫感がないところが良いです。
          すごくノンビリとしたアットホームな感じが凄く良い大会だと思います。

          沿道の応援を受けながらスタートして、キロ6分半ペースで快調に走り続けました。
          写真は15km地点の山から撮影した、四万十名物の沈下橋です。


          このあたりから私のお腹の調子が悪くなりペースダウン。
          トイレに行ったりしながら、なんとか22km地点のレストステーションへ到達。
          トイレで時間をロスしたりしたので、ここまでで2時間40分でした。予定より10分オーバー。

          レストステーションで、おにぎり等をいただき早めに再スタート。
          しかし、またお腹が痛くなりもう大変でした。
          開き直って、ゆっくりとトイレにいき体調回復!


          写真は3つめの沈下橋。この日は天気が最高で、四万十川が素晴らしく美しかったです。

          このあたりで30kmです。
          腹痛でトイレにいったりしたので、予定時間をオーバーしてしまい、ここまでで4時間10分ぐらいでした。

          30〜40kmは体調も回復してボチボチのペースで走りつづけました。

          40〜50kmは歩いたり、走ったりを繰り返しながら。
          歩くといっても早歩きです。トボトボ歩いてたら関門にかかります。

          四万十川ウルトラマラソンは応援も素晴らしいです。
          途中でオカリナの演奏をしながら応援してくれる人、ギターを弾きながら歌を歌って応援してくれる人、キーボートで曲を弾きながら応援してくれる人、また私設エイドでドリンクなどを振る舞ってくれる人達、ほんとありがたかったです。
          しんどい時の応援は力になります。

          残り10kmを切ると、徐々に力が回復してきます。
          もうすぐ終わりだなって思うと、ちょっと寂しい気持ちにもなります。

          53.9km最終関門で、車除けの光る棒を渡されます。
          これを腰にぶら下げておけば、日が暮れても安心。

          残り5kmぐらいになると日が暮れて、ランナーの皆さんがぶら下げている光る棒が蛍みたいで綺麗です。
          残り5kmからは力を振り絞って走りました。

          残り2km弱になると、徐々に町の中へ入ってきます。
          沿道の応援が増えてきます。

          残り1kmを切ると松明が見えてきます。
          ちょっと幻想的な雰囲気。

          撮影が下手ですみません。奥の方の灯りが松明です。

          この坂を上るとあとちょっと。

          最後は、ゴールまで一気に駆け抜けます。
          ゴールまで残り数百メートルは応援が凄くて感動ものです。
          「おかえり」って声が一番おおかった。
          嬉しくて、ハイタッチをしながらゴールへ向かいました。

          写真は私のゴールシーン。運良くゴールテープを切らせてもらいました。
          完走タイムは8時間50分、アクシデントもあり予定よりだいぶ遅かったですが完走できて満足!

          ゴールしたら完走メダルをいただきました。
          凄く立派なメダルで、色んな意味でズッシリ重いです。


          第20回大会と言うこともあり、競技終了の19時30分からは花火大会がありました。
          凄く綺麗で最高でした。

          写真はゴールゲートから撮影した花火。
          我ながら良く撮れてます。

          ほんとに楽しかった。
          やっぱりマラソンは凄く楽しいです。


          話は変わりまして、ありがたいことに来年の愛媛マラソンへ出場できることになりました!
          抽選なので、合否が出るまで不安でいっぱいでしたが、抽選で選んでいただき感謝感激です。
          明朗社からは,私(製版課のN)を含めて3名出場することになりました。

          力の限り走りますので、来年は明朗社ランナー達への熱い応援をよろしくお願い致します。
          | レースレポート | 23:50 | comments(0) | - | - |
          第15回ひわさうみがめトライアスロン
          0
            社長と双海トライアスロンのブログを載せると約束してましたが、色々とバタバタしてて遅れてしまいました。
            申し訳ありません。

            個人的には、10回目のトライアスロンとなった双海ですが何とか無事に完走できました。
            大会前に軽い肉離れをしてしまい足が痛くて棄権しようかとも考えましたが、強行出場してよかったです。
            松山市から近いとあって友人・知人が多く応援にきてくれて嬉しかったです。足の怪我もありランの時は、いつもよりペースを落として走ったので、その分思いっきり地元の方達とふれあえました。「がんばれー」「ファイト」とエールをもらったら「ありがとう」、ガッツポーズとしながら「オッシャー」と返事をしながら走ってました。
            ゴール手前では友人からお祝いのシャンパンファイトならぬコーラファイトでコーラを浴びせてくれて楽しかったです。
            ほんと楽しかった! 双海最高!

            双海の詳細はG課長がアップしてくれましたので、先月の20日に参加してきました徳島県の「ひわさうみがめトライアスロン」の事を載せようと思います。

            ひわさうみがめトライアスロンは、徳島県の美波町にて毎年7月の中旬に開催されています。
            エントリー開始から数時間で締め切ってしまうという全国屈指の人気大会です。まるで愛媛マラソン並!
            人気、大会規模ともに四国で一番のトライアスロン大会です。

            今年も何とかエントリー出来て行ってきました。美波町へ!

            美波町と言えば薬王寺と海亀が産卵に来ることで有名です。ほんとに,のどかで良い町です。
            町全体が歓迎ムードで、また今年も美波町へ帰ったきたな〜っと思えます。
            トライアスロンを通じて美波町の事も凄く好きになって、毎年この大会へ来たいと思っています。

            この大会は前日の19日に選手登録と競技説明があります。
            当日でもやってますが、レース前にバタバタするのは嫌なので毎回当日に来ています。
            写真は、大会会場の様子です。大会中は約700人以上の選手が来ます。
            受付前で知り合いの女性トライアスリートの方と出会い、お互いの健闘を誓いました。明日のライバルは、この方やな!


            競技説明が終わると、選手歓迎の阿波踊り!徳島と言えば阿波踊り!


            徳島県出身でロンドンオリンピック代表の細田選手も毎年参加してくれています。
            凄い礼儀正しい、優しそうな人です。


            オープニングセレモニーが終わったらビジネスホテルへ戻り、大会の為に早めに休みました。
            そして大会当日は朝5時過ぎにおきて自転車の点検、チェーンオイル注入。天気が不安定なのでオイルは粘度の高い雨用のオイルを差しておきました。写真は私の自転車。


            7時過ぎに大会会場に入り、トランジションの準備です。
            結構慌ただしい。あれこれしてたら、8時を過ぎてスイムウォームアップの時間に。
            5分ほど泳いでいよいよスタートです。

            スイムコースは750m沖に向かって泳いで帰ってくるコース。
            日本海だから瀬戸内海よりも並が大きいです。
            スイムは、かなりハードで何とか泳ぎ切ってヘロヘロになりました。

            バイクは全国屈指の難コースと言われるだけあって、とにかくハード。
            上って下ってを繰り返し20km地点で折り返しです。
            10km通過したところで、細田選手とすれ違う「頑張れ-」と声をかけてもらいました。ほんとに良い人です。
            バイクも頑張って昨年より大幅に記録更新。

            そして最後のマラソンへ。
            マラソンコースはフラットですが、日陰が無いです。
            熱いので氷りをもらって、頭と首を冷やしながら走りました。
            ランコースでライバルの方を抜いてしまいました。
            「お疲れっす」「あー、やっぱり抜かれた。」って声を掛け合ってからペースアップ。
            ライバルに追いつかれないように、ペースを上げてゴールへ。
            ゴールまでの700mは全力のラストスパート!

            フィニッシュ!
            記録は3時間47分でした。
            昨年は4時間10分ぐらいだった(制限時間4時間半です)

            大きく記録更新。
            良かったですし、楽しかった。トライスロン最高です。
            1人で参加してたのでレース中の写真はありません。すみません。

            大会後は、薬王寺へお参りしました。
            | レースレポート | 12:55 | comments(0) | - | - |